1. シートカバーについて

シートカバーについて

シートカバーの選び方からお手入れ方法など様々な疑問に対してまとめて下記に記載いたしました。

シートカバーでお手軽ドレスアップ

毎日使う車だからこそ、自分好みにドレスアップしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、ドレスアップには様々なパーツやグッズが必要です。 こちらでは、車のイメージを手軽に変えることができる「シートカバー」についてご紹介いたします。

内装チェンジでイメージは大きく変わる

車のドレスアップと聞くと「エアロ」「ホイール」といった部品を想像される方は多いと思います。しかし、これらのドレスアップは、車の「知識」「技術」が無いと難しいものです。 お手軽にドレスアップをしたいとお考えなら、車の内装にこだわってみませんか?ハンドルカバーは簡単に装着できますし、足元に置くマットを変えるだけでも車内のイメージが変わります。 ダッシュボードに小物を配置して楽しまれている方もいらっしゃいます。しかし、中でも大きくイメージが変わるのが「シートカバー」の装着・交換です。

シートカバー交換のメリット

上記でも触れたように、座る空間を保護してくれるシートカバーは、装着するだけでも印象が大きく変わります。カバーを替えるだけなので、やる気を出したい時は赤系のカラー、 リラックスしてドライブしたい時は青系のカラー、高級感を演出したい時は黒など、気分に合わせて変えることも可能です。最近ドライブにマンネリを感じてしまっているという方は、 シートカバーを交換して車内の印象を変えてみませんか。

シートカバーには様々な種類やカラーがあり、うまく活用することで理想的な車内に近づけることができます。 自分好みの商品を見つけて、お気に入りの車をドレスアップしてください。

通販でシートカバーを探しているなら、オートウェアをご利用ください。オートウェアでは、魅力的なシートカバーを種類豊富に販売しております。 エスクァイア、アクア、プリウス、フィット、カローラを始め、様々な車種に対応したシートカバーをご用意しておりますので、きっとお好みのシートカバーが見つかると思います。

シートカバーの素材別お手入れ方法

車の中の雰囲気を決定する上で大きな役割を果たしているシートカバー。そんなシートカバーは、しっかりお手入れをし、清潔に保つことで長くお使いいただけます。 こちらでは、シートカバーを長持ちさせるための主な素材ごとのお手入れ方法をご紹介いたします。

布地のお手入れ

布地のシートカバーは擦れなどの汚れはつきにくいのですが、革製に比べてホコリがつきやすく、毛羽立ちが目立ちます。このようなことを事前に防ぐためには、エチケットブラシなどで日頃からブラッシングして取り除くことが必要です。 また、黄ばみなどの汚れがついてしまった場合は、40度程度のお湯に浸けて固く絞った布で汚れを取り、エチケットブラシで整えることで対処できます。

合成皮革のお手入れ

人工合皮製のシートカバーは、本革や布地に比べて耐摩耗性が高く、お手入れがしやすいことが特徴のひとつです。主なお手入れ方法は、生地を傷めない程度の柔らかい布で乾拭きすることです。 乾拭きをしても汚れが残ってしまう場合は、中性洗剤を薄めたぬるめのお湯に浸けて固く絞った布で水拭きしてから、乾燥した柔らかい布で乾拭きするのが効果的です。

本革のお手入れ

本革はシートカバーの素材としては最高の素材ですが、とてもデリケートな素材ということで日頃のお手入れが欠かせません。日常的なお手入れとしては、繊維が細かい布に本革用のクリーナーをつけて優しく拭き取ります。 また、本革は水や熱にとても弱いため、水分がついてしまったら長時間放置せず、すぐに拭き取ることが大切です。

オートウェアは、豊富な車種のシートカバーの専門販売店です。ヴォクシーノートヴィッツヴェルファイアデミオなど、様々なメーカーの車種に合わせた商品を取り揃えております。 国産車だけではなく、ベンツやBMW、プジョーやマスタングなど高級輸入車用のシートカバーもございます。また、生地もメートル単位で販売しておりますので、シートカバーと車内のインテリアを統一したい方にもおすすめです。 全国各地には、オートウェアのシートカバーの取扱販売店も多数ございます。

迷ったときのシートカバーの色選びのポイント

手軽に車内の印象を変え、ドレスアップできるシートカバーですが、どんな色のシートカバーを選んだらいいか迷う方もいらっしゃるのではないのでしょうか。シートカバーを選ぶ上で重要な色選びのポイントをご紹介いたします。

色の種類

シートカバーの加工技術や化学繊維の発達により、様々な色が登場しています。その中でもブラック・グレー・ベージュ・ホワイトは、ほとんどの車の色に違和感なく合わせられる定番の色です。 ベージュなどは同じ色でも素材によって違いが生まれ、様々な色の楽しみ方ができるのでおすすめです。また、ブラックやベージュなどに続いて印象的な赤や青も人気があります。

統一感を重視する方に

色選びでのポイントは、何を重視するかによっても変わってきます。内装や外装の色に合わせることでスッキリした印象を持たせることができるので、車に統一感を出したい方におすすめの方法です。 しかし、外装や内装に合わせようとしたとき、同じ系統の色が見つからないということも考えられます。そんなときは、全体を引き締める黒やグレーなど暗めの色を選ぶことで統一感を演出できます。

遊び心をプラスしたい方に

統一感を出すよりも、遊び心や個性がほしいという方もいらっしゃると思います。そのような場合は、あえて内装や外装とは逆の色を選ぶことで印象を際立たせることができます。 内装や外装と逆の色を選ぶことでアクセントとなり、それぞれの色が引き立ちます。また、ワンポイントだけ色が付いたシートカバーを選ぶことも、その部分が強調されるので効果的です。

オートウェアで販売しているシートカバーは、種類によって色のバリエーションが豊富です。 ハリアーステップワゴンアルファードセレナヴェゼルなど、 様々な車種に対応したラインナップです。オートウェアのシートカバーは、シンプルなものから遊び心を加えたカラーのものまで取り揃えておりますので、お客様のお好みに合わせて車内をドレスアップできます。 通販だけではなく全国各地に多数の取扱店もございますので、実際に見てから購入したいという方は取扱店一覧をご確認ください。

人気の合成皮革シートカバー

シートカバーの素材は主に布製と革製のものがありますが、その中でも革製には布地にはない高級感があります。 海外から輸入される高級な輸入車の多くが革製のシートであり、革製のシートに憧れている方も多いのではないでしょうか。しかし、現在では輸入車でも本革ではなく、合成皮革を使用するところが増えてきています。 こちらではそんな合成皮革についてご紹介いたします。

合成皮革とは

特殊不織布をベースに合成樹脂を塗布して、表面を天然の革のように仕上げたものです。合成樹脂の種類によって、ポリビニール・クロライドレザーとポリウレタンレザーの2つに分けることができます。 本革にはない様々なメリットがあり、シートカバーの90%がこの合成皮革でできています。
ちなみに、特殊不織布とは柔軟性のある高分子物質を含浸させた、ランダム三次元立体構造の布です。

ポリビニール・クロライドレザー

ポリ塩化ビニールによって作られたレザーで、「poly vinyl chloride」を略してP.V.Cレザーと表記します。とても本革に質感が似ているため見分けが付きにくく、本革に比べ安価なこともあり、シートカバーだけでなく多くの製品に使われています。 色やバリエーションが豊富で汚れにくく、カビが発生する心配もないため、メンテナンスが簡単なことも大きな特徴です。

ポリウレタンレザー

合成樹脂にポリウレタンを使ったもので、「poly urethane」を略してP.Uレザーと表記します。通気性が良く柔らかい質感のため、ソフトレザーとも呼ばれています。 肌に触れたときの不快感が少なく撥水性にすぐれており、経年劣化しにくいため長持ちするなどのメリットがあります。

オートウェアではクラウンパッソノアスイフトCX-3など豊富な車種のシートカバーを扱っています。 日本車だけでなく、ベンツ、BMWなどの輸入車のシートカバーも取り揃えております。また、通販以外でも全国各地に多くの取扱店もございますので、シートカバーをお探しでしたらぜひ、オートウェアのシートカバーをご利用ください。

注目を集める車でドライブを楽しむなら

念願のマイカーを購入したばかりの時期には、週末や休日のドライブが何よりの楽しみです。
長時間でも快適なドライブを楽しむためには、車内の環境を整えることも大切です。安全面に配慮することはもちろんのこと、気分を盛り上げる内装に仕上げるのも大切です。まずは、 取り付けシートカバーにこだわってみませんか?

ドライブを快適にするには、取り付けるシートカバーからこだわってみませんか?例えば、純粋に「運転」を楽しむためのドライブでは、車内の快適さがテンションを高めてくれます。乗り心地や性能はもちろんですが、 内装にもこだわることでドライブ中の楽しい気分を一層盛り上げてくれます。内装で一番大きい範囲を占めているのが座席ですが、そこに工夫するにはシートカバーが最適です。また、ドライブの途中でコンビニに立ち寄った際、 駐車スペースに停めてある車に目を奪われたことはありませんか?

車種や外装だけではなく、内装なども以外に目に入ってきます。車に詳しくない方でも、純正のシートとカスタマイズしたシートの違いにはすぐに気づいてしまうものです。 どこにいても注目を集めてしまうような車に乗りたいという理想をお持ちでしたら、シートカバーから自分好みにしてみませんか?

オートウェアでは、国産車から輸入車までに対応した専用シートカバーを販売しております。車種によってもシート数が違ってきますが、 人気のエクストレイルフリードインプレッサCX-5レヴォーグなどそれぞれに対応したシートカバーがございます。

例えばエクストレイルなら5人乗りから7人乗りの車種があるのですが、それぞれに専用のシートカバーを展開しております。また、CX-5も後部座席のシートタイプに合わせ取り付けるカバーを選ぶことが可能です。 さらに合成皮革や牛革などの素材にこだわれば、長時間のドライブでも快適な空間作りが可能です。

その他にも長時間のドライブを快適にする便利グッズとして合成皮革の大型ネックパッドを扱っております。
運転中に疲れやすい首を優しくサポートしてくれます。

シートカバーを装着するメリット

近年では愛車にシートカバーを装着するのが主流となってきていますが、あなたの車にも装着されていますか。
シートカバーを装着することによって、様々なメリットが得られます。こちらでは、シートカバーを装着するメリットについてご説明いたします。

清潔感のある車に生まれ変わる

シートに、どうしてもこびりついて落とせない汚れなどはないですか。こうした汚れが目につくと、テンションも下がってしまいがちです。
シートカバーを装着することで気になる汚れを隠せ、清潔感のあるかっこいい車に生まれ変わります。

小さな子供が乗っても安心

小さなお子様がいるご家庭の場合、泥だらけの靴でシートに足をかけたり、飲み物やお菓子をこぼしたりなど、車内が汚れる機会は多いです。このようなときも、シートカバーを装着していれば安心です。 うっかりこぼれてしまっても、ウェットティッシュなどでサッと拭き取れば、すぐにピカピカの状態に戻すことができます。イライラすることが少なくなり、家族で快適にドライブを楽しめます。

万が一たばこを落としても安心

車内で喫煙する機会が多いという方にも、シートカバーの装着をおすすめします。万が一、タバコやタバコの灰などを落としてもシートカバーによって、シート自体へのコゲを防ぐことができます。 オートウェアでは商品ご購入のお客様に対し、単品パーツでのご注文を承っております。

アレルギー・静電気防止にもなる

シートカバーの種類は様々で、中にはホコリなどが付きにくいものや、静電気を防止するものもございます。気管支炎や皮膚炎などのアレルギーでお悩みの方や、静電気が苦手という方にもシートカバーはおすすめなのです。

通販でシートカバーの購入をお考えの際は、オートウェアをご利用ください。
オートウェアでは、アクアプリウスフィットエスクァイアカローラと豊富な車種のシートカバーを揃えています。国産車だけでなく、輸入車のシートカバーもご用意しております。商品に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。

シートカバー販売店を通販でお探しの方へ

自動車の醍醐味のひとつにドライブがありますが、その他にも、お部屋の模様替えのように内装を自由に変えることができる楽しみがあります。ホームセンターの自動車用品コーナーや自動車用品を専門に取り扱っている販売店で、 陳列棚に並んだ商品を眺めているだけでも楽しい気持ちにさせてくれます。

そんな数ある自動車用品の中でも、車内の印象をガラリと変えてくれるのがシートカバーです。
シートカバーを変えても自動車の性能自体が変わることはありませんが、運転する際の気分を変えるには十分な役割を果たしてくれます。

シートカバーと一口に言っても、その種類は豊富にあります。
一般的には、革素材を総称したレザーのシートカバーの認知度が高く人気があります。

オートウェアでも天然の牛革を素材とした本革シートカバー、ヌブリノー生地を素材とした通気性を確保したパンチング(穴あき)のモダン、革製品に使用するダブルステッチにて仕上げているポイント、 メッシュでやわらかな肌触りを生み出しているエアーメッシュ、ギャザー仕上げでアンレスデラックスにも劣らない高級感を演出してくれるレガートなどを取り扱っており、お客様のニーズに合わせたシートカバーを取り揃えております。

一部ではございますが、お客様が実際に装着した装着実例も写真つきで掲載しておりますので、シートカバー選びの参考にご覧ください。

シートカバー販売店を通販でお探しなら、オートウェアにお任せください。オートウェアは、シートカバー販売店として、国産車から輸入車まで専用のシートカバーを豊富に取り揃えております。国産車ですと、 トヨタ(TOYOTA)のヴィッツヴェルファイアヴォクシー、日産(NISSAN)のノート、 マーチ、リーフ、マツダ(MAZDA)のデミオ、アクセラ、フレアなど様々なメーカー車種に対応したシートカバーをお客様に提供しております。

輸入車のシートカバーでは、ベンツ(BENZ)、BMW、アウディ(AUDI)などをご用意しております。
インテリアとしても楽しめる生地のみでの購入やブラックボックス、大型ネックパッド、ヒーターセットなどの取り扱いもございます。オートウェアは、お客様相談室も設け、お客様の充実したカーライフをサポートいたします。

車の内装が劣化する原因と対策

愛車は、どんなにメンテナンスをして大切に乗っていても、長い何月が過ぎると様々なことが原因で劣化してしまいます。
こちらでは車の内装が劣化する原因と対策をご紹介いたします。

ステアリングの劣化

車のハンドルに当たる部分をステアリングといいます。ステアリングは運転する際に、ずっと手が触れている部分でもあるので、もともと耐久性に優れた素材で作られています。しかし、日中は屋外に駐車しているなどの場合、 ステアリング部分は紫外線によるダメージを受け続けています。紫外線による劣化を防ぐためにも、サンシェードやハンドルカバーなどを活用して、ステアリングに直射日光が当たらない対策をおすすめします。

ダッシュボードの劣化

ダッシュボードは、もともと紫外線の影響を1番受ける部分のため、紫外線対策として表面にコーティングがされています。
しかし、コーティングの効果はずっと続くものではありません。耐久性がなくなると、亀裂などが入る恐れがあります。そのような状態になる前に、保護材などを使って対策することが重要になってきます。

ドライビングシートの劣化

常に体が触れているドライビングシートは、汗や皮脂などの汚れが付着しやすく、素材によっては劣化が早い部分でもあります。また汚れだけではなく、体との摩擦によっても劣化が進んでしまいます。

ドライビングシートの劣化は、内装全体の劣化といっていいほど避けたいことです。シートカバーを装着することで汚れを防ぎ、いつまでも綺麗で清潔なドライビングシートを保つことができます。 お手入れも簡単なので、うっかり汚してしまった場合も、慌てず対処できるメリットもあります。

オートウェアでは、ハリアーステップワゴンアルファードセレナヴェゼルなど、様々な車種におすすめシートカバーを取り扱っております。
国産車はもちろん、輸入車のシートカバーもご用意しております。ホームページには装着実例も掲載しておりますので、参考にしてみてください。高品質なシートカバーをお買い求めの際は、ぜひオートウェアをご利用ください。

シートカバーと車の乗り心地について

私たちが毎日快適に生活する上で、車は欠かせないものになります。車といっても、今では国産車だけでなく、輸入車も人気があります。毎日の出勤や通学で車を利用している方も多いと思いますが、 毎日乗る車なら乗り心地にもこだわりたいと思いませんか?
こちらでは、車の乗り心地とシートカバーについて紹介しています。

走行中の振動

綺麗に舗装されている道路にも、小石や段差などがありますので、走行中の振動は運転中も感じるものです。また、車がカーブする時には、車体が外側に傾いてしまい、車に乗っている人にとっては、 体も右や左に傾いてしまい気分が悪くなってしまいます。タイヤから遠い場所が振動は弱く、乗り心地が良くなるものです。特に、スポーツカーのようにシートが真ん中にある場合は、衝撃や振動対策をしなければなりません。

シートカバーで快適な乗り心地

走行中の振動を抑えたいなら、内装にシートカバーを取り付けるのもおすすめです。運転席や助手席などにシートカバーがあるかどうかで、車の乗り心地がかわってきます。素材や形状にもよりますが、車にシートカバーを取り付けることで、 クッション性がある素材が体に心地良くフィットして、自然で快適な乗り心地を楽しむことができます。また、運転中の体の揺れやブレを抑制する役割もありますので、カーブ時も違和感なくハンドリングできます。
また、自分好みのシートカバーを取り付けることで、乗り心地はもちろん、完璧な空間づくりが楽しめます。

オートウェアでは、国産車や輸入車のシートカバーを販売しております。クラウンパッソノアスイフトCX-3などの国産車やベンツやBMWなど、人気の輸入車のシートカバーも取り扱っております。 また、生地のメートル単位での販売や自動車用品も扱っております。通信販売だけではなく、全国各地に取扱店もございますので、愛車の乗り心地を快適にしたいという方やシートカバーで内装の雰囲気をかえたいという方は、ぜひご利用ください。

車のシートのシミ対処法

家族や友人同士とのドライブは、充実したひと時を楽しむことができます。快適にドライブを楽しみたいものですが、ジュースやコーヒーをこぼしてしまうなどのトラブルもつきものです。 ここでは、車のシートについたシミの対処法についてご紹介します。お役立てていただければ幸いです。

シミになったばかりなら

うっかりしてジュースやコーヒーなどの飲みものをこぼしてしまったら、その場ですぐに対処することがポイントです。汚れてすぐなら、ウェットティッシュや乾いた布・タオルなどで水分をしっかりと吸い取れる可能性が高いです。 その後に残ってしまったシミは、専用のシミ抜き剤などを使って処理できます。
また、シミができたばかりの場合は、蒸しタオルの使用をおすすめします。熱や蒸気はシミを浮かす効果があるので、浮いたシミを蒸しタオルで吸い取り、その後、乾いたタオルで乾拭きしましょう。シミを最低限にするためには、素早い対応が大切です。

徹底的に落とすのであれば

徹底的にシミを落とすのであれば、シートを取り外して丸洗いするという方法があります。その場合、天気の良い日に行うのがおすすめです。 丸洗いをした後は、必ずしっかりと乾かします。乾きが中途半端だと、シートにカビが発生する原因となるため注意が必要です。

シートカバーでシミを防ぐ

シートカバー取り付けることで、シミ汚れを未然に防ぐことができます。また、ホコリや食べこぼしなどがシートの隙間に入り込むのを防ぎ、掃除もしやすいといったメリットもあります。 インテリアの気分一新に活用したい場合にもシートカバーが最適です。

シートカバーの販売店をお探しであれば、オートウェアをご利用ください。オートウェアでは、エクストレイルフリードインプレッサCX-5レヴォーグなど、それぞれの車種に合ったシートカバーを取り揃えております。 取り付け方もご紹介していますので、どうぞ参考にしてください。